2011年10月15日

故・逸見政孝、晴恵家の愛犬 ヤンチャビくん

久しぶりにテレビを見て号泣した。志村動物園を見た方はおわかりだと思うのですが・・・

犬の話にはめっきり弱いので見ないようにしていたのだけど、逸見さんのファンでもあったので

見てしまった・・・。

フリーアナウンサーだった逸見さんの家のワンのお話だった。

犬とは本当に不思議な力を持った生き物で、、、これほどまでも人に尽くしてくれる動物の

存在があるだろうか・・・。

先天性の病を持っていて長く生きられないと言われていたチャビくん

家族の必死の看病もあり(いやいや人の気持ちが伝わったのだと私は思うわけで・・・)

獣医さんの死の宣告を跳ねのけ生き続け家族を支え続けた。

晴恵さんが病に倒れた時も前向きに頑張れたのはチャビくんの力が強かったのだろう。

晴恵さんが無言の帰宅をした際も、寝たきりのはずのチャビくんは

晴恵さん亡骸まで行き、荼毘にふされるまでの二日間その場を離れず

見送ったのちチャビくんも逸見夫妻の待つ天国へと旅立った。

チャビくんの中に逸見さんがいたのかな〜とさえ思える話・・・


何を言っても、この番組を観たときの気持ちや、逸見家人たちやチャビくんのその生きざまを

うまく表現することはできないが、、、、

逸見家の話は、、、いつも心に残るものがある。



残された太郎さん愛さんは、ご両親に早くに旅立たれ、、、心の支えだったワンたちもなくなり

言葉に出来ないほどにつらく寂しいことだ思う。

太郎さん 愛さん 応援してますよ!


ラベル: 家族愛
posted by ゆきママ at 22:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逸見アナと愛犬の話を、何年か前見て(PCで)とても感動しました
我が家の犬が、医者から余命2年(心臓の病)と言われてから、現在 3年と5か月になります、私も年になり、最後のペットだと思い可愛がっていたので、2年と言われた時はとてもショックでした
私たち家族の事を思い、犬が長生きしてくれてるのかも?
ふと逸見アナの話を思い出し、ネットで探したら見つからず、このプログを見つけコメントさせていただきました
Posted by ヤマシタ カズアキ at 2017年04月27日 18:31
ヤマシタ カズアキさま
コメントありがとうございます。
ペット…とても大切な家族
ご心痛、どれほどのことかと思います…。
私もペットを見送ったことがありますが…
父が亡くなった後、母を心配し…我が家の犬は
病気だったにも関わらず…母が「もう私は大丈夫よ…」と
語りかけるまで…母の傍らにいてくれたことを
今でも忘れられられません…
本当に犬は、凄いと思います… 
心が伝わったいると思います
ヤマシタさまのワンちゃんも
ご家族と良い時間が これからも過ごせますよう
お祈りしております


Posted by ゆきママ at 2017年04月27日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。